心の箱


【小林健二「寝台、作業台、bathroom、菜園、そして人生」/ 2022年】
小林健二個展「糸遊、朧、陽炎の部屋」にて展示中


小林健二個展「糸遊、朧、陽炎の部屋」も会期半ばとなりました。


今展で一番多くいただくお声は「今までの作品と全然違うね」という言葉です。

長年、小林健二作品を見てこられたお客さまには特に、ときに戸惑いを、ときに感嘆をこめてその違いを楽しんでいらっしゃいました。


私たちが初めて健二さんの作品と出会ったのは6年前。

世界や宇宙、物質そのものが言葉にならない詩をうたうような作品群に、子供にかえったように胸が躍りいつまでも眺めていました。

生物学、物理、化学、考古学、あらゆる分野を横断し“宇宙”そのものと対話するように生み出された作品たち。


それが今展では一変し、すべてが霧のように淡い世界の中に閉じ込められた白い箱が並びます。

箱の中にはいくつかのオブジェ。人物を思わせるものの姿、生活や時間、内面世界を内包したような朧な空気―

今まで見てきた作品に宿る脈動するような生命感とはまたことなり、そこには静かな寝息、薄明りの中で見る夢のような、「静」の世界が広がっています。


展示空間は、心の箱へ。

ひとつひとつの作品が、私たちのなかにある沢山の心の箱の、それぞれの覗き窓のようにも思えます。

そこには人間の姿だけでなく、ときおりこの世界に立ち現れる美しく儚い現象も垣間見えます。

外的世界との間に生じる結晶も、私たちの心の在りようの一つなのかもしれません。


どうか一度、会場でその箱を覗き込んでみてほしいのです。

日々たくさんの情報や悩み事が押し寄せ、立ち止まる暇もない私たちに

ほんのひと時の無音を。

やさしく視界を遮蔽してくれる陽炎(かぎろひ)を。


私見を述べてしまいましたが、

皆さまお忙しいなかとは存じますが、心よりお待ちしております。


企画画廊くじらのほね
飯田洋平

***

小林 健二 個展

「糸遊、朧、陽炎の部屋」
2022年10月12日(水)-10月31日(月)
10:00~20:00
火曜 定休(今展は水曜日も営業致します。)
【作家来廊日】10月22日午後より予定

今展は山口画廊さんと合同企画となります。
【山口画廊】https://www.yamaguchi-gallery.com/

【お問い合わせ】
Tel:043-372-1871
Mail:gallery.kujiranohone@gmail.com

コメント

このブログの人気の投稿

「美術が好きな一人の人」という眼差し。

「希望と平和の種」としての芸術

「人間を諦めない」という姿勢