覚書。



当画廊でご紹介させていただいている作家さんの一人、小笠原亮一さんは画業一本で50年ほどやってきた作家さんです。

「栄養失調で倒れたこともあったよ」と笑いながらお話されていたこともありましたが、その笑顔の裏側には私なんかの想像力では計り知れない覚悟と生きることに対する厳しい眼差しを感じ取った気がしました。

「知名度」というとその高い低いは人によって感じ方があるでしょうが、例えば草間彌生さんのようにいわゆる誰もが知っている程の知名度は小笠原さんの場合なく、かと言って昨今の流行りであるSNSでフォロワーが多数いる、というわけでもありません。

「絵で食べていく」と言うと作家と作品の知名度というのは高くなければならないと思っている人も多いですが、割と私とご縁があった作家さんはそういうタイプは少ないです。

画業一本まではいかなくても、ずっと画業を中心に生活している方々などは意外と多く、その方達のお名前が全てメディアに流れるほど有名かと言うと、そんなことがない人の方が多いものです。

小笠原さんに「画業一本で50年やってきた」と言われたときに、私はとにかく「すごい」という言葉が頭の中を駆け巡りました。

もちろん50年という単位も画業一本という言葉並びも「すごい」のですが、それよりも何よりもそういうメディアだったりSNSだったり、いわゆる自分の知名度を上げてくれるようなツールをほとんど使わず、ただひたすらに「絵が持つ力」だけを武器に50年やってきたという事実に圧倒されました。

もちろんバブルなど時代背景は今と異なる時もあったでしょうし、一概に今の感覚だけでは評価できるものではないかもしれません。

ですが絵の世界において作家の知名度が誰もが知るというほど高くない場合、「絵」で勝負するしかないという当たり前の事実に、そしてその事実がどんなに厳しいことであるかに、小笠原さんと話して気付かされたものです。



この記事の一番最初に載せた写真は当画廊で現在開催中の展覧会「絵と暮らす」に展示している、小笠原さんの作品「パンジー」の一部です。

作品が届いて開梱し、この作品と対面したときの衝撃は忘れられません。

頭が真っ白になるような、言葉が消え去ってしまったかのような、何も言えず「わぁっ」という感嘆だけが出てきたものです。

こういう作品を前にすると、その作品は誰が描いたのか、その描いた誰かはどういう経歴を持っているのか、画材は何か、手法は何か…という作品に付随する「情報」は本当にどうでもよくなります。

ただ目の前に今あるこの作品、それを見る自分、それだけで何かが成り立つ気持ちになるものです。

そして自分にそういう衝撃をもたらした作品を買ったとしたら、それが本当の意味で「絵を買う」ことになるのかもしれない、と思いました。

「この作家の絵だから買う」と言うと、それは絵を買うのではなく作家の名前を買っているのかもしれません。

「○○賞をとった作品だから買う」と言うと、それは絵を買うのではなく○○賞をとったという事実に価値を置き、それを買っているのかもしれません。

そうではなく、キャプションも何もついておらず情報もよくわからない、だけれど今この絵にすごく心惹かれている…そういう絵を選んで買うこと、それは本当の意味でその絵を見て、その絵が好きで買うことになるのだろうと思うのです。



小笠原さんは展示に絵を出す時、「自分はこの値段払ってこの絵を買うか」という自問自答をするそうです。

それに満たない絵はきっと並ばないのでしょう。

ひたすらに50年、自分の絵を、自分の見た世界の美しさを、信じて描き続けてきた真の「画家」と呼べる作家の作品。

そういう作品を直に見ることは、見る者の世界を広げてくれると思うのです。


飯田未来子


コメント

このブログの人気の投稿

絵の役割。

やわらかな風のように - くじら便りvol.1

「絵と暮らす」