ノマド


作品 / 「漂泊」

開催中の榎並さんの個展も気づけばもうすぐ折り返し。

旅の夜話のような夢のような時間は、あっという間に過ぎ去っていく。


榎並さんの画家としての生き方に憧れる。

日々を暮らしながら絵を描き、その時々の作品たちを携えて、東京、大阪、京都、地元甲府・・・と各地を巡る。

その生き様は、まるで旅芸人のようだ。


絵を描いて暮らすということ。

榎並さんはそれを体現している本職の画家である。

だからその絵には、責任と、ある種のきびしさとがある。


「ノマド」というのは、遊牧民など定住しない人々を指す言葉だ。

榎並さんの絵の主題にも度々登場するし、榎並さん自身のまるでジプシーのような生き様にも、その魂がある。


社会に決められた「安定」や「良い」とされる生き方のレールの乗せられただ「生かされる」だけの人生を捨てて、覚悟と責任とを引き受けることで手にすることのできる“自由”。

そこに見えるのは、肩書きや経歴や、枠組みなどで語ることは決してできない、「榎並さん」という人生そのものの姿だ。


そう、榎並さんは”自分”の人生を生きている。

生きようとしている、と言うべきか。

そして、その“自分”をさらけ出すことで絵を描いている。

榎並さんの絵に惹かれるということは、榎並さんの人生そのものへの憧れかもしれない。


✳︎


たまには自分たちのことを書いてみよう。

店主夫妻、齢31。

一般的には働き盛り、これから社会的な地位も上がり、将来に向けて堅実にステップを踏んで行こうという時期だろうか。

そんな年頃に、画廊を始めた。


画廊をやっていると、どうもお金持ちだと思われがちだ。余裕のある商売に見えるのだろう。

しかしその実、余裕なんてものはひとかけらも無い。

創業も融資を受けているし、日々の家計はその日暮らしの自転車操業である。

そもそもの出発点もおかしい。

普通なら夢の開業に向けてコツコツ貯めた資金で、計画性をもって船出をするところだろうが、

私たちの出港時には、地図も、僅かな蓄えすらも無かった。

あるのは絵、だけだった。


馬鹿みたいに向こう見ずで、先が見えない生き方だ。

もちろん最初の頃は不安も大きかった。今も無いわけではない。

だが、不思議と心は健やかだ。


「絵を信じて進めばなんとかなるだろう」と思う。

他力本願に聞こえるかもしれないが、そうすることしか出来ないのだから仕方がない。

人生、自分でコントロールできないことの方が多い。


「画廊店主」という肩書きとしてでなく、“私”という一人の人間として在ることの大切さと難しさ。

それは画家も一緒ではないだろうか。

自分と向き合うほど大変なことはない。私自身、“私”というものがどんなものか、未だによく分からない。

けれど、行き先も安住地も定めない、ノマドの魂をもって生きようとする時、はじめて、“私”の輪郭がおぼろげながら見えてくるような気がする。


絵の声を聴くこと。

それはつまり、自分の声を聴くことなのかもしれない。

必要な羅針盤はそれだけで、あとは風に波に流されて、あっちこっち道草を食いながら進むだけ。

決して生活は安定しないし、何の保証もない。

けれど、そんなノマドのような生活を楽しみたいと思う。


絵は、そんな先の見えない、最高に楽しい旅を一生共にする友人になってくれると信じている。



 企画画廊くじらのほね

飯田洋平


✳︎ ✳︎ ✳︎


榎並和春 ドローイング展

「いつものように」

4月28日(水)〜5月15日(土)

火曜日定休

作家来廊日:5月8日(土)


本展は同じ西千葉の山口画廊さんとの合同開催です。

山口画廊さんではタブローを、くじらのほねではドローイングを展示いたします。


【お問い合わせ】

Tel:070-3191-4572

Mail:gallery.kujiranohone@gmail.com


※展示作品に関するお問い合わせは原則会期初日より受付させていただきます。

※お電話やメールでのお問い合わせに関して、会場接客がどうしても優先になりますのですぐにお応えできないこともございます。ご了承ください。


企画画廊くじらのほね Web Site

http://www.gallerykujiranohone.com


コメント

このブログの人気の投稿

やわらかな風のように - くじら便りvol.1

「少女」という形を纏った感情を - くじら便りvol.3

本オープンのお知らせ。