本オープンのお知らせ。

 こんにちは。企画画廊くじらのほねです。

急に寒くなりましたが皆様お元気でしょうか。


さて、去年の10月よりスタートしましたプレ・オープン展「旅支度」ですがいよいよ今月末で終わりとなりまして、2020年10月10日より企画画廊くじらのほねは本オープンを迎えます。

1年間準備期間を設けたわけですが、それが終わろうとしている今振り返ると長くはない期間だったと思います。

しかしとても充実したプレ・オープン展を送ることができたと思います。

これも素敵な作家さんとお客さんのお陰です。ただただ感謝しかありません。

「旅支度」はあと1回、今月27日の日曜日に開廊日があります。

プレとは言え、最後まで素敵な作品をご紹介していきたいと思いますので、ぜひお気軽に遊びにいらしてください。


そして10月10日からの本オープンですが、オープニング展は青木香織さんによる個展を開催させていただきます。

「人間のうつろいゆく心情」をモチーフとした人物画や抽象画、立体などを展示予定です。

ぜひご高覧いただければ幸いです。

以下、展示情報です。


***



青木香織個展「かげおくり」
2020年10月10日-11月16日
10:00~20:00
火曜日定休
10月10日〜12日作家来廊予定(他日Webにて随時告知)

11月4日を境に一部展示替えを予定しております。前半と後半それぞれお楽しみください。

【企画画廊くじらのほね】
〒260-0044
千葉市中央区松波2-7-10メゾンマイネ102号
※JR西千葉駅から徒歩1分です。
℡:070-3191-4572
mail:gallery.kujiranohone★gmail.com (★を@に直してご送信ください。)

◎展示の関係上、祝花は辞退させていただいております。
お気持ちだけ頂戴いたします。何卒よろしくお願いいたします。


***



これから画廊として旅立ち泳いでいくわけですが、ぜひ画廊に立ち入ったことのない方などにも来ていただきたいとやはり思います。

作品を楽しむのに知識や学は関係ないと思っております。

作品を手掛ける作家さんは何も次元の異なる人たちではなく、他の人と同じように世界を見聞きし、人生を紡いでいます。

「自分を表現すること」は決して特別なことではなく、無意識かもしれませんが多くの人が自然に行っていることです。

コーヒー屋さんがコーヒーを作るように、出かける日に自分に似合う服を選ぶように、自分の好きな色の花を人に贈るように、作家は絵を描いているのです。

だから芸術とは誰からも離れたものではなく、むしろ誰とも近くにいるものだと考えます。

話が飛ぶように感じるかもしれませんが、人間を人間たらしめているのは言葉で表せる事物だけではありません。

言葉は人間のもつ観念世界のごくごく一部だけを表せる記号にすぎません。

ではその記号で表し切れない観念の世界は表現できないのでしょうか。

私はそこを補えるのが芸術であると考えます。

もし芸術作品を「よくわからないから」という理由で遠巻きに見るだけの方がいるのなら、ぜひくじらのほねに遊びに来て欲しいです。

「わからない」で良いのです。「わかる」ものではありませんから。




本オープン、ありがたいことに多くの方から「楽しみ」というお声をいただきました。

それでも私たち自身が一番楽しみにしているんだと思います。

沢山の方に素敵な作品と出会っていただける、そういう場を目指します。

それでは、くじらのほねで会いましょう。


企画画廊くじらのほね
店主A  未来子

コメント

このブログの人気の投稿

やわらかな風のように - くじら便りvol.1

「少女」という形を纏った感情を - くじら便りvol.3

【お知らせ】くじら包みを贈ります。