投稿

本当に好きだと思った作品を買うこと。

イメージ
  こんにちは。くじらのほねです。 だいぶ暖かい日が増えてまいりました。お散歩ついでに画廊へ立ち寄ってくださる方も今日は多かったです。 当画廊がオープンしてから5ヶ月目に入りました。 誰でも気軽に入れる画廊をずっと目指しておりますが、ありがたいことに普段画廊という場に馴染みのない方や、これまで画廊に入ったことが無かったという方にも扉を開けていただくことが増えてきたように思います。 「ずっとどこか他人事だと思っていた芸術の世界に、自分も入ってみていいんだな、入りたいなと思えました。」 こんな感想を今日はいただき、とても嬉しかったです。 まだまだ絵を家に飾る文化が根付かない日本ですが、自分が「好き」だと思った作品にお金を払って日々眺めて暮らすとはどういうことなのか、色々と考える時があります。 絵をはじめとする芸術作品はわかりやすい役割を持ちません。 食べたり乗ったり着たりという、物的に人に何かを施すことができない存在です。 しかし作品は「物的な役割を持たない」からこそ良いのだと考える時があります。 物的な役割を持たない絵を買う時、多くの人の理由としては「その絵に感動したから」「その絵が好きだから」という場合が多いでしょう。(中には投資の名目やネームバリューで買う人もいますがそれはまた別の話です。) 作品に限らず「不要不急のものだけれど、自分が好きだから買う」というときの買い物というのは、その品に対してだけでなく、自分自身の「感動」だったり「好きという感情」だったりにもその価値を払えるということです。 本当に好きで作品を買うというのは、ある意味で自己肯定でもあるのだと思います。 と同時に自分のスペースに不要不急の存在を置いておける「心的な」余裕のある現れでもあると感じます。 つまり好きな作品を買って飾るとは、自分の「好き」をそれだけ肯定していることになり、それは自分自身という存在への肯定でもあるのではないかと思うのです。 「絵を飾っていると励まされるのです」という方が多い印象を受けますが、そういう方は本当にその絵を気に入られて買ったのだろうな、と感じます。 自分の「好き」が絵に投影され、回りに回って自身を肯定するからなかもしれませんね。 人の「好き」という感情や感動を引き出す、もしかしたらそれが作品を買うということの真価なのかもしれません。 企画画廊くじらのほね 飯田未来

【コーヒーを飲みながら読むアートのお話 Vol.003】

イメージ
  こんにちは。くじらのほねです。 去年の末からなんとなく作っておりましたフリーペーパーの【コーヒーを飲みながら読むアートのお話】ですが、なんだかありがたいことに読んでくださる方が多く、思い切ってちゃんと冊子にしてみました。Vol.003からは印刷が綺麗です。 あまり画廊に入ったことのない方やアートに興味はあるけれどどうとっついたらいいのかわからない方向けを意識して、私の雑観を書いております。 小部数しか現在は作っていないので、あまりお目にかかる機会も少ないかもしれませんが、今のところ ・豆nakano(千葉駅近くのコーヒースタンド) ・PIE&COFFEE mamenakano(海浜幕張にある豆nakanoさんの2号店) ・自家焙煎珈琲豆屋じゃくう鳥(千葉市の大願寺町にあるコーヒー屋さん) ・SEVEN STEPS COFFEE CLUB(京成線みどり台駅近くのコーヒー屋さん) に少しずつ置かせていただいております。 アート界はアート界で、というような壁を作りたくなくて、あえてカフェやコーヒースタンドなど多様な人が出入りする場所に置かせていただいております。 もし「うちのお店にも置いていいよ!」という所ありましたらお声を掛けてくださると嬉しいです。 こちらのフリーペーパーの掲載文はブログにも毎回まるっと載せていきますのでぜひみなさま読んでいただけると幸いです。 今回のVol.003も下記掲載させていただきます。 毎回本当に私のとっ散らかった思い事を書いているだけにも関わらず、たくさんの方から感想をいただいており、本当に嬉しいです。ありがとうございます。 今後も気ままに書いていけたらと思います。 企画画廊くじらのほね 飯田未来子 * 【コーヒーを飲みながら読むアートのお話 Vol.003】 企画画廊くじらのほね 画廊をやっていると、よく絵の見方について色々と話す機会がある。 「絵をどうやって見たらいいのかわからない」 上述の言葉は主に画廊に入ることを足踏みする人が言いがちな言葉だ。その「どうやって」を深く掘り下げていくと次にこんなワードが出てくることが多い。 「自分は絵の知識がないから(だから絵の見方がわからない)」 この言葉の裏側を見ると、絵とは専門知識がないと楽しめない難しいもので、画廊はわかる人にしかわからない専門的な場所であると思われているのかもしれ

新型コロナウイルス感染対策につきまして

イメージ
こんにちは。くじらのほねです。 緊急事態宣言が発令され、千葉県でも感染者数がますます増えてまいりました。 このまま開廊を続けてよいのか?お客様やそのご家族の安全を脅かしはしないか?と日々自問しておりますが、 閉塞感漂うこんな時こそ、町に開かれた場所でありたい。 ほっと安心できる場所でありたい。 作品にふれ、こころ温まるような時間を過ごしていただきたい、という思いから開廊を続けております。 以前からご無理のない来廊をお願いしておりましたため、幸い、人数が密になることは稀です。 感染対策をいま一度見直し、今後も安心して作品をご覧いただける様、できる限りのことを尽くしてお客さまをお待ちしております。 具体的な対策といたしまして、 ​ ・お茶のご提供の中止(マスクを外す機会をなくすため) ・入店時の検温の実施 ・十分な換気 ・手を触れる箇所のこまめな消毒(ドアノブ、椅子・テーブル、筆記具、お手洗いなど) ・手指消毒用アルコールの設置 ・全てのお客様、在廊中の作家様、店主のマスク着用の徹底 ・混雑時のお声がけ ・咳、発熱、味覚障害、その他体調に不安な症状のある方への入店のお断り ​ 等 ​ なお、開廊時間につきましては、来廊人数が集中することを避けるため、短縮せずにいままで通りです。 お客様にはご不便をおかけすることもあるかと思いますが、ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。 ​ ​ 企画画廊くじらのほねは「千葉市新型コロナ感染症対策取組宣言の店」の認定を受けており、千葉市のガイドラインに基づいた新型コロナウイルス感染対策を実施しております。 ※ 「千葉市新型コロナ感染症対策取組宣言の店」一覧 https://www.city.chiba.jp/hokenfukushi/iryoeisei/seisaku/corona_sengennomise_open.html ​ 企画画廊くじらのほね 飯田未来子 飯田洋平

【コーヒーを飲みながら読むアートのお話 Vol.2】

イメージ
  こんにちは。くじらのほねです。 前展示よりひっそり作ってみましたフリーペーパーですが、こっそりVol.2も作っておりました。 新倉さんの絵を挟みながら文章を展開させていただいております。 とは言ってもまだそこまで置き場所は多くなく、Vol.2に関しては今のところ幕張にあります「Pie & Coffee mamenakano」さまにてお手に取ることができます。 今回も下記に同文章を掲載しますので、よかったらお付き合いください。 画廊という場所はそもそもどんな所か、ということを個人的視点から簡単に書かせていただきました。 人によって様々な意見や考えがある議題だと思いますが、「これ」という正解もまた無いものだと思います。 こういう考えで画廊を営んでいる人もいるのだなぁ、というくらいの軽い感覚でお読みいただければ幸いです。 *** 【コーヒーを飲みながら読むアートのお話 Vol.2】 画廊を開業してから3ヶ月が経とうとしている。 てんやわんやしながらなんとか出船したわけだが、船を漕ぎ始めて強く感じたことがひとつある。 それは「画廊」という場の存在が、いかに一般の方々にとって縁遠いものと思われているかということだ。 「画廊を開いた」というと何人かに一人は「画廊ってそもそも何?」と返ってきたし、存在を知ってはいても「入ったことがない」という方が周囲だけでも多い。 多分この文章をお読みになってくださっている方の中でもそういう方はいるのではないだろうか。 では画廊とは何か。 流石にこんな率直な質問を投げてくる人とはお会いしたことはないが、実は私も一言で答えられる単語がまだ見つからないでいる。少し長い答えを言うならば「少なくとも私の画廊は街の美術館であり、街の絵のお店でありたい。」と答えるかもしれない。 ここで「私の画廊は」とつくのは、画廊という形態は画廊主の数だけあると言っても過言ではないからだ。 例えばカフェという場なら、どんなに店のオーナーが違っても「カフェ」という単語によって自分がその場に入った後の行動を予想することは可能だろう。(入店→注文→飲食→支払い という一連の流れがイメージしやすく、この流れの順番は様々でもだいたいのお店において共通イメージとして入る前から想像ができる。) しかし画廊はどうだろう。「絵をはじめとする美術作品を扱う」という点で

新倉章子個展「無伴奏」 2021年1月9日(土)〜1月29日(金)

イメージ
あけましておめでとうございます。 本年も宜しくお願い申し上げます。 2021 年も素晴らしい作家さまの展覧会を開催してまいります。 本年一回目は、新倉章子さんの個展で幕開けです。 ✳︎ 草はただ風に揺れ、花はただそこに咲く … 新倉さんの描く草花たちは、徹底してそこに「ただ在る」を貫いている印象があります。植物を見た時に人がよく言いたがる「綺麗」や「力強い」といった類の言い回しとそこに付随する意味づけをことごとく削いで、「ただ在る」ことの無意味さ、そしてそのことの難しさと尊さを見事に描き出し、そこからしか生まれない「美」がそこにはある、そんな気がします。 当たり前ですが枯れない草花はありません。しかし人は自分が一番美しいと思う植物の一瞬の姿を現実の時間軸から切り抜き、その瞬間だけをまるで冷凍保存するかのように描きとめたり写真で撮ることができます。しかし新倉さんの描いた植物はどこかそういうよくある植物絵とは違うと思うのです。植物の美しい瞬間を描きとめるという点では先述と同じなのですが、新倉さんの絵の中の植物は現実の時間軸をそのまま持っている気がするのです。絵の中では咲き誇る花の姿ですが、その姿はやがて茶色くなり枯れていき、最後はそこから居なくなっていく … そういう描きとめた時から先のことが、さらに言えばその花が咲き誇る瞬間までの過去の時間すらも何となく感じることができます。あくまで画面上の草花の姿はその存在のほんの一場面に過ぎず、その場面をとっかかりに前後の奥行きを感じさせ、存在の全貌を感覚的に表出させる … 新倉さんの絵の真髄はそこにあるように思うのです。 「綺麗な植物」を描くのでは無く、ただそこに生えていた草花をそのまま描くこと。のびやかな草花の息遣いを筆に乗せ、確かな水墨画の技術で紙の上に再び命を吹き込んでいく。そうして出来上がる作品に、意味付けという伴奏は不必要なように感じます。純粋なまでにただ在る「だけ」の無伴奏な作品たち、そこに描かれたのは画家が見てきたただ在る「だけ」の草花です。そこに何を感じるかは、鑑賞者だけの自由な領域ではないでしょうか。 ( 文 飯田未来子 ) ✳︎ 新倉章子個展 「無伴奏」 2021 年 1 月 9 日 ( 土 ) 〜 1 月 29 日 ( 金 ) 10:00 〜 20:00 火曜定休 作家来廊日 :1 月 9 日 ( 土 ) 

2020年ありがとうございました。

イメージ
こんばんは。企画画廊くじらのほねです。 28日をもちまして生江葉子個展「唄い継ぐこと」を無事閉幕しました。 そしてその流れで2020年の展覧会は全て終了致しました。 今日は展示の撤収作業を行いまして、画廊は再びホワイトボックスへと戻りました。 今年はコロナが本当に大変な年になりましたね。 その最中でですがなんとか本オープンを迎えました。暴風雨の中出船したところでしょうか。 2019年からのプレ・オープンと称した準備期間を経て、10月に青木香織さんの個展を開催できたときは本当に嬉しかったです。 そのバトンは生江葉子さんの個展へと引き継がれ、それもまた新年最初の展覧会へと引き継がれようとしています。 まだ2つの展示を終えただけと言えばだけですが、私たち夫婦にとっては新しい人生の幕を開けれたような感覚で、本当にわくわくしているところです。 本オープン3ヶ月の者が言うのも何ですが、画廊っておもしろいです! この3ヶ月、本当に色々な方とお話させていただきました。 絵をキーワードに初対面の方でもお馴染みの方でも何かしらのドラマが広がる感じは本当におもしろいの一言に尽きます。 「事件は画廊で起きている」 という言葉を私たちが尊敬する画廊のオーナーさんがおっしゃっておりましたが、まさにその感覚がよくわかる日々でした。 2020年、この画廊に関わってくださった作家さん、お客さん、知人友人の皆さん、本当に本当にありがとうございました。 こんなに大変な年だったにも関わらず展覧会を開催させてくださって本当にありがたかったです。 2021年も素敵な展覧会を開催して参ります。 ぜひ楽しみにお待ちくださればと思います。 それでは来年も、くじらのほねで会いましょう。 良い年をお迎えください◎ 企画画廊くじらのほね 飯田 未来子 飯田 洋平

絵を浴びること。

イメージ
  こんにちは。 気づけば展示もあっという間に後半です。 先日は見え方が変わるかと思い展示替えを行いました。 より1枚1枚の世界観に浸りやすくなったかと思います。 変な話をするように思われそうですが、最近作品を「見る」ということに種類がある気がしています。 誰しも作品は「目」で見ると思うのですが、目で見て判断ができる見方とそうでない見方があると思うのです。 作品を見る時、まずは視覚情報から入ります。 目で見てそこに在るものを知覚し、その情報は脳で処理され、そこで何が描かれているのかとかどんな色形なのか、ということを認識します。 その上で得た情報に基づいて人は「この作品が好き」「この作品は好きじゃない」など作品に対して思うことを判断していくのでしょう。 ただこの場合あくまで作品は「情報」であり、ここでの作品の良し悪しや好き嫌いは自分の経験や知識に左右されやすいです。 りんごが好きな人が綺麗に描かれたりんごを見て「好きだな」と思う、逆にかわいい猫が好きな人がグロテスクに描かれた猫を見て「あまり好みじゃない」と思う、そういった判断は自分の好みや趣向に基づき、その好みや趣向は経験や知識に基づくからです。 しかし、こういう見方が通じない作品もあります。 見る人の経験や知識、好みや客観的評価(作者の肩書がどうだとか技術が上手い下手など)、そういうものを全て飛び越えてただただ衝撃を与えてくる絵。 そこに何が描かれているか、どういう色彩や形が画面に表されているか、そういう視覚的情報を脳で処理することが停止してしまい、頭が真っ白になるほど圧倒されてしまう作品。 そういう作品も世の中にはあるものです。 個人的な話になりますが、絵を見てただただ泣くしかできなくなったことが少し前にありましす。 その作品は藤崎孝敏さんの「南瓜」という絵でした。 F12号に描かれたふたつのカボチャの切れ端を描いただけの絵だったのですが、見た瞬間の衝撃は本当に忘れられませんでした。 ひたすら頭が真っ白になり、思考力は奪われ、ただただ眺めるしか出来なくなるほどの衝撃。 あの経験を経て私は「芸術作品は見るものではなく、浴びるものだ」という認識に至ったものです。 ここまで見る人を強制的に思考ストップに追い込むほどの強い力を持った絵はそうそうありませんが、ただ今まで絵を見てきてなんとなく感覚的に感じることもあった心的な